水虫は皮膚科で早めに治療しよう|早期解決が大切

医師

早めに治すことが大事

レディ

基本は塗り薬

水虫の原因は、足に白癬菌というカビの一種が感染することです。白癬菌は免疫力が低下している状態や、足が蒸れている時間が長い繁殖します。そのため、普段から靴下やストッキングを履いたまま長時間仕事をしている人は注意が必要です。免疫力が衰えないように規則正しい生活をして感染を防ぎましょう。病院では、白癬菌が足に生息しているかどうかで水虫か否かを判断します。治療は基本的にはクリームやスプレー、軟膏などの塗り薬を使って行います。そのうち最も処方されるのが、肌に浸透しやすいクリームです。毎日患部に塗り続けていき、水虫の症状が亡くなっても三か月は塗り続けておきます。患部以外の部分にも広く塗っておくことが大切です。

爪に白癬菌が感染したら

白癬菌が足に留まっているうちに、治療を最後までしておけば完治します。けれど、途中で治療をやめてしまった場合など、爪まで感染が広がると爪水虫になります。痒みのような自覚症状に乏しいため、発見が遅れがちですが、放置すると爪が変形する恐れがあります。爪まで感染した場合は皮膚と異なり、硬い爪には塗り薬の成分が充分届かない場合も考えられます。そのために飲み薬が処方されるようになります。体の中側から薬の成分が作用することで、水虫の繁殖を抑えてくれます。もし他の病気の治療薬を飲んでいる場合は、飲み合わせの問題も考えられます。念のために医師に相談しておくといいでしょう。医師の指示に従って薬を飲めば、やがて完治します。

美しい肌を実現するために

医師と患者

白ニキビというとセルフケアで治そうとする人も多いでしょうが、皮膚科にかかることをおすすめします。例えば洗い過ぎはニキビを悪化させるなどのプロのアドヴァイスがもらえます。中には、忙しくてクリニックヘ行きたくとも行けない、という方もいるでしょうが、東京には深夜や日祭日に診療しているクリニックがあります。

Read

シミを除去する方法

看護師

皮膚科でのシミ取りは、基本的にはレーザー治療になります。術後は保湿を行い日焼けをしないようにケアします。肌の安全性を確かめながら、シミの除去治療が受けられるので病気の検査も可能で安心して治療が受けられます。

Read

皮膚悩みを相談

ドクター

皮膚科の携わり方や受診する内容は、展開するエリアによっても異なっています。オフィス街として機能する新宿エリアでは、働く男女の活動時間に配慮したり、女性の活躍から女医が携わる皮膚科が展開されているのも特徴的です。

Read