水虫は皮膚科で早めに治療しよう|早期解決が大切

看護師

シミを除去する方法

看護師

保湿を行い日焼けをしない

皮膚科では、シミ取りが治療の一環として行われます。シミは、紫外線の影響や加齢で皮膚が変化して起きるものもありますが怪我や火傷などでシミになることもあります。また、シミに見えるものでも腫瘍であるものもあるので正確な診断には皮膚科の受診が必要になります。シミ取りの治療の多くは、レーザーによる治療になります。特定の部位のシミにレーザーを照射させて色素を破壊してシミを除去するという治療です。かさぶたが出来るのでそれが綺麗に剥がれたら通常の肌状態に戻りシミもなくなります。術後は、患部は特に乾燥しやすくなっているので保湿をしっかり行うことと紫外線によって色素が蓄積されるとまたシミになることがあるので日焼けしないようにします。

肌の安全性を確かめられる

皮膚科でシミ取りするメリットとしては、病気の有無を調べ肌の安全性を確かめながらシミ取りが出来るという点です。万が一シミが悪性のものである場合は、病理検査を行って詳しく確かめることが出来ます。病気と関係ないものであれば、安心してシミを除去する治療だけを行うことが出来ます。美容外科などでもシミは取ることが出来ますが、皮膚科であれば皮膚に詳しい専門的な知識を持った医師が診てくれる為より安全であると言えます。また、レーザーの種類もいくつかありますが肌質に合わせて最適なレーザー治療を提供してもらえる為安全に治療が受けられます。そのため、確実にシミを検査して除去してもらう場合は皮膚科を受診すると良いと言えます。